JW.com

「エホバの証人」についての情報サイト

2005年1月28日

『反JWプレコックス感』野郎⑤

(2)新たな心痛の要素

さらに、エホバの証人にまつわる問題点についての極端な見方が支配的傾向となると、それにより新たに不必要な心痛が引き起こされるという現実も存在するのではないか、とどせいさんは感じています。

1.例えば、これもまたどせいさんが個人的に知っているケースで、エホバの証人を何とかやめた後、現実社会での周囲の助けもあってかなり立ち直ったという人のうち、1世2世を問わず、後にインターネットの反JW世界にアクセスするようになって再び急速に精神的バランスを崩し、そこからまた立ち直るのに長い時間や多くの労力を費やさざるを得なかったという人たちがいます。また、どせいさんが個人的に知っているケース以外でも、ただでさえエホバの証人内でつらい思いを経験してきたのに、そこから抜け出した後、ネットの元JW世界内での不毛な議論やえげつない攻撃等に巻き込まれ、さらに調子を悪くした、というお話をメール等で伺うことは多々あります。

こうした人の多くは、たくさんのつらい経験を強いられたとはいえ、エホバの証人をやめた後もちゃんと価値ある何かを確実に持っていて、かつ、エホバの証人として過ごした時期にさえも何らかの価値あるものを得ていたにもかかわらず、「エホバの証人を経験した自分たちは何もかも失ったんだ」とか「エホバの証人はとにかく狂ったカルトなんだ、エホバの証人と関わることにより取り返しのつかない害を被ったんだ」というような、極端に否定的で、かつ非常に強い主張に繰り返しさらされることにより、自尊心を失ったり、不必要な、強い挫折感・虚無感に襲われたりするようになったと感じているみたいなんですね。

或いは、元エホバの証人の人から直接的な言葉の個人攻撃を繰り返し受け、多くの心痛を経験したという話もよく耳にします。

ちなみにこうした現象は、往々にして元エホバの証人の人たちが作った「閉鎖的コミュニティ」つまり、大きなサイトの掲示板ではない、会員制であったり、あまり多くの人に知られていないインターネット空間で多くおきているように感じられます。

こうした空間のきわめて有益かつ意義ある特徴として、「元エホバの証人としての自分の感情を吐露しようとする人に、自由にそうするよう促すという寛容な雰囲気」というものが存在すると思うのですが、残念なことにそうした雰囲気を「自分が気に入らないことを言う相手や自分の価値判断と少しでも異なる意見については、全力で罵倒することも許されてる」ということと履き違えてるように思える人もまた存在するということではないかと思います。

前回も指摘しましたが、反JW世界は、これまで「とにかくエホバの証人組織を批判すること」が大きな目的となってきたという事実があると思います。そしてそれは、間違いなく価値あることを成し遂げてきたと思います。

しかし一方で、多くの『人』が実際かつてそこにいたこと、そして、多くの「誠実さゆえに物事を知らされてない『人』」が現にいまもそこにいるという事実も忘れてはならないと思います。

つまり、「とにかくエホバの証人は狂信的カルトなんだ」という極端な主張は、その宗教に関わった人に対し、不必要な強い挫折感・そのカルトに関わった自分の人生はもはや価値がないんだという誤った思い込等の、いわれのない重荷をわざわざ背負い込ませるものとなる恐れもあるわけです。

そうした観点から言って、「エホバの証人を攻撃し罵る事=絶対の正義」というような風潮は批判されるべきではないかと考えるわけです。

また、「攻撃することそのものが目的」であるかのような姿勢や、エホバの証人組織を非難している分にはもろ手を挙げてその意見に賛成するのに、一歩踏み込んだ意見を述べる人が現れ、その意見が自分の考えと少しでも違うと容赦なくののしりの言葉を浴びせる、というような態度を示す人がいれば、それは善意に基づく寛容な環境の意義を履き違えたものとして、やはり批判されるべきではないかと思います。

 
 
 
2.この点、正直に言ってどせいさんが最も気になり、心配していることのひとつは、やはりエホバの証人であった・或いは現在もエホバの証人である『親』の立場の人たちの状況なんですね。

エホバの証人2世の人たちの間には、自分たちは完全な被害者であるという意識の下、「エホバの証人になる親はカルト宗教に狂ってしまった人たちなんだ」という強い主張が存在するようにどせいさんには感じられるんですが、特によく耳にするのが「親があのカルト宗教をやめない限り絶対に親を許さない・親の面倒はみたくない」というような考え・主張です。

しかし、これまた正直な話、果たして本当にそうした親たちが「反社会的カルト」に走ったのかというと、そういうわけでもないというケースばかりだと思うんですね。

どせいさんは「エホバの証人」の問題点は、狂信的な人を集めたりするということではなく、ごく普通の誠実な人たちがこの組織と関わることによって、自己加害的行動に走らされてしまう点にあると思います。

いつもの話ですが、誠実で正直な人であればエホバの証人になろうと思うのはよく理解できる話ですし、多くの親たちがエホバの証人になったというのは、「常軌を逸した反社会的決定をしてカルトに入信」みたいなのとは、かけ離れたハナシだと思うんですよね。

それに、子供にムチをしたりしたのも、「子供の益を無視して破壊的行動をとった」などという状況ではなく、「ムチをしなければこの子が滅ぼされてしまうかも」というまさに「わが子可愛さによる気持ち・わが子を決して失いたくないという恐怖心」ゆえに正しい判断ができなかったという場合が多いのではないかと思います。(もちろんそうでない人もいるんでしょうが。)

そして、時がたって振り返った時に、その行動が間違いだったと気づいても、実際そうした行動をとったのは子供を大事にするあまりの恐怖心からであり、他の選択などはできなかったと親は考えたとしても、親の側からそれを言うことなどはできない、という場合もあると思います。

こうした状況を理解しようとしてもらえず、「とにかくエホバの証人はカルト宗教なんだ」という強い主張の下、あたかも自分たちが取り返しのつかない狂信的犯罪を犯したかのように扱われ、しかもその点について自分たちは弁明の資格がないんだと感じる親がいるとすれば、その心痛はいかほどか、とどせいさんは考えるんですね。

 
 
 
 
或いは、子供がエホバの証人をやめた後も自分はエホバの証人にとどまっているという親がいる場合、果たしてそれが、「かたくなにカルトにとどまろうとしている態度」なのかというと、これまたそういうわけでもないんだろうと思える場合が多々あります。

結局エホバの証人というのは、事実上生活の全てをささげることを要求する宗教ですから、50台、60台とかになった時点でエホバの証人を突然やめた場合、これまで築きあげてきた多くのもの、人間関係や生きがい、ある場合には文字通り人生そのものを失うという場合も多いのではないかと思います。これもまたその人の状況によって様々だとは思いますが前述のような状況の場合には人生の終盤に差し掛かったころにこうした決定をするよう求めることは、あまりに酷でありそもそも現実的でない場合も多いのではないでしょうか。

さらに、エホバの証人組織そのものは不誠実とはいえ、その中にいる個々の人は誠実で親切で信頼できる場合も多く、そうした人間関係の中に身をおき続けたいと考えるのも至極もっともと言えることもあるかと思います。

つまり、こうした状況をもって、「かたくなにカルトにとどまろうとしている態度」と考えることはできないと思うんですね。(もちろん、家族を無視してかたくなかつ狂信的にエホバの証人を続けようとする人も、これまたいるんだとは思いますが。)

このような点を考えたときに、「エホバの証人は狂信的カルト」と言い切り形で主張することが、果たして適切なことなのかどうか、疑問なしとはできないと思うんですね。

確かに「エホバの証人はカルト」という主張はそれなりに多くを成し遂げてきたと思います。特に、秘密主義に守られてきたエホバの証人内部の様々な問題に人々の注意を向け、そこから抜け出すよう多くの人を助けることに貢献したと思います。

しかし一方で、「エホバの証人はカルト」という主張が強くなされた場合には、この宗教と関わった多くの人々の人生を誤った仕方で否定し、尊厳や自尊心を奪い、不必要な挫折感や虚無感を与えることになるのではないか、という側面をも考慮すべきではないかと思います。

 
 
なお、どせいさんが「エホバの証人はカルト」と考えることにためらいを感じる他の多くの理由については、後でしつこくくわしく書くつもりです。

 
 
 
けっこうまだ続く