JW.com

「エホバの証人」についての情報サイト

2005年7月17日

エホバの証人のでき方①

えっと、前も書きましたが、どせいさんは今現在特に何の宗教も信じてはいないです。
(^∀^)エヘヘへ

どせいさんは自分では「特定の信仰を持たない、いわゆる普通の一般日本人」の発想を脳内に持っていると自分で勝手に思っているのですが、そういう視点から物事を考えるときに、人はエホバの証人の発生と発達の歴史についてどう解釈するのかっていうのを今回は書きたいと思います。

エホバの証人の人たちにとっても、自分たちの組織の歴史が、「文化」としての視点から一般人にいかに解されるのかを知るのは面白いもんではないかと思います。

さて、エホバの証人の信者の人たち自身は、自分たちの宗教についてどう思ってるんでしょうかね。
(^∀^)

ほとんどのエホバの証人の人たちは、自分たちの宗教はある意味とても特徴的な宗教で、特にほかのキリスト教には自分たちのような特徴は見られないと思ってるんではないかな。

例えば、キリスト教なのに偶像を一切用いないとか、聖書をただ読むのではなく個人的に研究することをも重視するとか、自分たちの生きている今の時代にキリストの統治が関連しているっていう教えとかね。

あとは、一目でエホバの証人とわかる独特な正装で、集会や大きな大会に集まりあうこと、そこで聖書を自分の目で確かめながら研究することとかも、エホバの証人ならではと思ってる人も多いみたいで。

そして、そういう特徴があるからこそ、自分たちの宗教はただひとつの真の宗教だと日々納得を深めたりもするんですよね。

どせいさんもやっぱりね、以前は「そういうあたりがエホバの証人て特徴的だよな~」て思ってたんですよ。

でも最近ね、どせいさんのお友達で、いろいろ宗教の勉強してるお友達で、ハカセって呼んでる人がいるんだけど、そのハカセがね、エホバの証人に超そっくりな宗教があるって教えてくれて、どせいさん的にはそれを知って大ショックだったんですよ。

ショー( ̄□ ̄;)ーック!

ハカセがね、どせいさんに「ホレ、ホレ」ってビデオ見せて
くれたんですよ。(下図参照)

(>∀<)ノホレホレ

その中にはね、中米・カリブ海地域の、あるキリスト教について特集されてたのね。
で、そのキリスト教ってのがか~な~りエホバの証人に似てるんですよ。(∋_∈)

その中で、18歳の女の子が「自分の宗教についてどう思うかい?」ってインタビューされてるんだけど、その様子や、女の子の服装・応対の仕方・言ってる内容が、まるでエホバの証人の大会インタビューみたいなのね。
( ̄∇ ̄)スカーン

実際その子、そのインタビューで
「私は聖書の研究を通じて、イエスが神の子であること、私たちのために贖いとして命を投げ打ったこと、その後復活されたことを学びました。
私の生活の中心は聖書です、聖書に書かれている言葉はすべて神の言葉で、毎日読むよう努力しています。神の言葉を読めば、神が私たちに何を求めておられるか、どう自分の生活を神のご意志にあわせるか、知ることできます。真の仲間たちと同じ信仰を分かち合えるのも喜びです」
っていってたのね。

どせいさんは、
まじエホ証そのままじゃん!? ( ̄□ ̄;)ガビーン
とか思いました。
頭をスカーンと叩かれたかのようなショック。こんな感じ。
ほかにもね、その人たちの集会の場面で映った服装とか、ホントにエホ証ルックそのままだったんですよ。
(>_<)

あ、ちなみにそのビデオってのは一ツ橋大学のなんとかって先生が監修してる、「信仰の世界」だかなんだかってビデオです。
地域文化論的な視点からの、学術的ビデオですよ、念のため。

びっくりしてるどせいさん →( ̄□ ̄;)ガビーンガビーン
を尻目にハカセいわく、
「いや、どせいさん、こんな雰囲気の宗教って、結構似たようなのがいっぱいあるよ」
とのこと。

そしてハカセがいうにはね、この人たちはペンテコステ派っていう新宗教らしいんだけど、ペンテコステ派については、わりと勉強してる人もいるらしい。

なので、この新宗教がどういう風に生まれて発展してきたかっていうのを知れば、エホバの証人がどうやって生まれ、発展してきたかっていう点についてのブンカジンルイガクテキな答えがでてくるのでわ?と、どせいさんは思うようになったわけです。

( ̄∇ ̄)ぐひひひひ

続きはまた次回。